Twitterの認証バッジが誰でも気軽に申請可能に

koukoku2

Twitterで1467931692_737こちらのマークを目にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

これは認証バッジと呼ばれる、Twitter認定の公式アカウントであるということを証明するマークで、この認証バッジをつけることでブランド価値を高める効果が見込める他、有名人にありがちな偽装アカウント対策なども行うことができます。

今までこの認証バッジは、Twitterから声の掛かった一部のユーザーや企業のみが受けられるサポートだったのですが、7月19日よりアカウント認証のリクエストを送ることで誰でも申請できるようになったのです。今回はその認証バッジのリクエストについてご紹介していきます。

Step1.認証バッジの対象となるアカウントは?

0721koukoku3
認証バッジの承認を受けるためには以下のガイドラインを満たしたアカウントであることが必要です。

  • 個人のアカウント:名前に実名または芸名が使われている
  • 企業のアカウント:名前に企業の実名が使われている
  • 企業のアカウント:アカウントに企業のメールアドレスが登録されている
  • プロフィール画像やヘッダー画像に本人または企業のブランドが使われている

認証バッジの対象となるには以上の条件を満たしたアカウントであることが最低条件のようです。
公式ブログでも、“多くの方々に影響を与える可能性がある音楽、演劇、ファッション、政府、政治、宗教、ジャーナリズム、メディア、スポーツ、ビジネス、その他の注目分野で著名な方々を対象”と記載されており一般的な個人のアカウントが認証バッジを取得するのは難しいでしょう。

Step2.認証バッジのリクエストに必要な情報は?

次に認証バッジのリクエスト必要な情報を見ていきましょう。

  • 認証済みの電話番号
  • 確認済みのメールアドレス
  • 自己紹介
  • プロフィール画像
  • 誕生日(会社名、ブランド、または組織以外のアカウントの場合)
  • ホームページ(ウェブサイト)
  • ツイートのプライバシー設定でツイートが公開になっている
  • アカウントを認証する理由
  • 参考となるURL
  • (個人アカウントの場合)パスポート等公的機関から発行された身分証

認証バッジのリクエストを行うには事前に電話番号認証とメールアドレスの認証を済ませておく必要があります。また、リクエストを送信する際に、運転免許証などの追加情報を求められることがあるそうなので予め公式ページを読んで必要な情報を用意しておくとスムーズです。

Step3.認証バッジのリクエストをするには?

条件を満たしたアカウントと申請内容を用意したらいよいよリクエストの申請に進みます。

0721koukoku2
こちらのページでガイドに従って必要情報を入力するだけで認証バッジのリクエストが行えます。現在は英語のページしか用意されていないようですが、英語に自信のない方でもCromeの翻訳機能などを使えば問題なく申請できるかと思います。

以上で手続きは完了です。リクエストを受け付けるようになったとは言え、Twitterの認証バッジのブランド価値を守るためにそれなりに厳しい審査が行われると予想されますので、予め入念に準備しておくと良いかもしれません。初めて申請する際には期間に余裕を持って申請することをお勧めします。

[アカウント申請ページヘ]

Twitter認証バッジのリクエスト受付から考える

今回の更新でTwitterの認証バッジが一般からも広く受付られるようになりました。認証バッジのブランド価値を考えると、多少の手間を掛けてでも認定を受けたいもの。ガイドラインの条件を満たしているのに今まで認定を受けていなかった方も、これを機にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

[参考サイト]
認証バッジをリクエストできるシステムをご用意しました | Twitter Blogs
アカウントの認証リクエスト | Twitterヘルプセンター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。