GIFアニメでユーザーの心をつかむ!Twitter投稿まとめ

スマホ

GIFアニメは、一時期バナー広告でもよく見かけた手法ですよね。一昔前という印象のあるGIFアニメですが、SNS投稿において再び見直されようとしています。今回はそんなGIFアニメを使った注目の投稿事例をまとめてご紹介します。

なぜ今GIFアニメなのか

そもそものGIFアニメを使う利点から解説します。Twitterの投稿では最大4枚のの画像をまとめて投稿することが可能ですが、画像が表示される領域は一緒。つまり多くの画像をまとめて投稿すればするほど、一つの画像に対する表示面積は狭まり、ユーザーへの訴求力が弱くなってしまいます。そこで着目され始めたのがGIFアニメなのです。GIFアニメを使うことで「複数の画像を載せながらも、画像の表示領域をフル活用する」ことが可能になったのです。

現在ではそこから発展したユニークな着想のGIF投稿も増えています。実際に企業アカウントで投稿されている例を見ていきましょう。

ユニクロ

こちらは定番の複数の商品を一枚の画像で見せるために、GIFアニメを活用している事例。正面からではなく他の角度からも撮影したカットを載せることで、より商品の魅力をアピールしています。

いろはす


こちらはTwitterに投稿されたGIFアニメをクリックすると、一時停止することができる仕様を利用してユーザーにアピールした投稿です。リツイートやいいねを促す内容にして、ユーザーの反応を狙っています。

グリーンジャンボ


こちらも一時停止を利用したルーレット風のGIFアニメ。「5億円当たったらどうする?」という疑問系の投稿に、ルーレット内容のユニークさで拡散を狙った内容になっています。

様々な利用の仕方があり、面白いGIFアニメ投稿。しかしGIFアニメはユーザーが画像を直接保存できないなどのデメリットもあります。活用する際は、重要な情報はツイート部分に記載するなど工夫しましょう。

Twitterの流行を察知することが鍵

若年層のユーザーが多いTwitterでは、流行や目新しさが非常に重視され、内容の濃さよりも、インパクトや面白さが優先される土壌があります。そのため常にSNS担当は、ユーザー間の流行に目を向ける必要があります。最新の流行をキャッチしてより良い広報アカウントを目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。